ペニーオークションは詐欺の温床です。手を出す前に当サイトをご覧下さい。


商品が激安で買えるように見えるペニーオークションですが実はとんでもない詐欺システムなんです。

ペニーオークション

ペニーオークションのシステムとは

最近なにかと話題のペニーオークション。
商品が安く落札できるという事で注目を集めていますが、実はとんでもないシステムです。
ペニーオークションには色々なタイプがあるようですが、基本的には商品の価格は0円からはじまります。
商品の出品者はペニーオークションの主催者自身です。
落札期限までの時間がカウントダウンされていて、0になった時点に入札中の人が落札できるシステムです。
通常のオークションと違って、入札の値段は指定できません。
入札すると「1円」「5円」「15円」など予め決められた分だけ入札価格が上昇します。
さらに、入札すると「20秒」や「30秒など予め決められた分だけ落札期限が延長されます。
そして、最大の特徴は入札する度にお金がかかるということです。
色々なシステムがありますが、予め入札用のコインを購入し、コインを一枚使って入札するというのが一般的です。
コインの値段も「50円」「100円」など様々です。
さて、それでは実際の例を上げて説明してみます。

【2012年12月追記】
ペニーオークションの手数料詐欺事件で初の逮捕業者が出たようですね。
いまだに、ここは悪徳業者、ここはまともに運営、などと言っている人がいますが、このサイトでも解説しているとおり、ペニーオークションのシステム自体が詐欺のためにあるようなものですから、関わらないに越したことはありませんよ。
ほしの●きさんのブログの件でも明らかになりましたが、タレントのブログなどで紹介されている商品やサービスはほぼステマ戦略ですので、それを分かったうえで判断しましょうね。

58000円のテレビが6833円で落札!

これは私が実際に、あるペニーオークションサイトで見た実例です。
価格コムでの最安値が58000円のテレビが、なんと6833円で落札されたのです!
すごいですよね!
普通なら出品者は首をつらなければいけません。
でも、実は出品者はウハウハだったはずです。

テレビのオークションは価格0円からスタートしました。
入札価格は1円ずつ上昇していきます。
入札するとタイムは20秒延長されます。
誰も無駄なお金は使いたくないので、落札期限ギリギリまで入札は我慢しますよね。
カウントダウンがはじまります。
「10、9、8、7、6、・・・」
この辺で入札ボタンを押しますよね!
もし、入札が自分だけだったら1円で購入できるわけですから。

実はこの時、自分と同じようにパソコンの前にかじりついていた人が沢山いたはずです。
誰もそんな美味しい話を見過ごすわけがありません。
というわけで、同じぐらいのタイミングで15件の入札がありました。
価格は15円になってタイムは15×20秒で5分延長されました。

もちろん、途中で諦める人もいますし、途中で気づいてオークションに参加する人もいます。
タイムぎりぎりでの入札を繰り返して最終的に6833円で落札されたという訳です。
さて、この時点で出品者はいくらの儲けがあるでしょうか?
ちなみに入札コインは1枚75円です。

出品者の儲けは52万円!?

計算は簡単ですね。
1円オークションで6833円まで価格が上がったということは、6833回の入札があったということです。
そして、1回の入札で1コイン。つまり75円の儲けが出ますので、6833×75円で512475円。
つまり、普通に売ったらら58000円のテレビが512475円+落札価格6833円の519308円で売れたわけです。
5万8千円のテレビが約52万円で売れたんです!ウハウハですよね!
さて、察しの良い方ならこのシステムのとんでもない問題点にお気づきでは無いでしょうか?
あなたが出品者だとしたら、効率的に設けるためにはどうしますか?

ペニーオークション最大の問題点

利用者の多くは、たまたま最後に落札できるかもしれないという淡い期待を持ってペニーオークションに参加するわけです。
さて、最後に落札できた人はすごい良い思いしてますよね。
でも残念ながら落札者はサクラです。
確信しています。なぜならこの人は低く見積もっても1000回以上は入札しています。
58000円で買えるテレビに75000円以上使って入札するなんて馬鹿げていますよね。
このサクラがペニーオークションの最大の問題点です。

通常のオークションにもサクラはいますよね。
でも、この場合は値段を吊り上げるのが目的です。
欲をかきすぎると、他の入札者が諦めてしまいサクラが落札してしまいます。
こうなると、商品代が手に入らないので利益は出ません。

しかし、ペニーオークションに限っていえばサクラが落札しても問題ありません。
入札の時点で大きな利益が出ているわけですから。
もっと突き詰めていくと、サクラが落札しても問題無いどころか、サクラが落札した方がウハウハです。
だって、商品を送らなくても良いわけですから。
商品代なんて、たったの6833円です。
サクラが落札すれば、58000円のテレビを手放す必要はありません。
それどころか、写真さえあれば何でも出品できます。
1億円の家を出品して10万円でサクラが落札すれば何も手放すことなく750万円が手に入るわけです。
(もちろん、サクラの分の入札コインは差し引きますが)

アヤナス

それでもペニーオークションやりますか?

もしかすると、健全にペニーオークションサイトを運営している方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、このシステム自体が詐欺システムだといえるでしょう。
サクラが落札した場合の落札商品代金と商品の流れを出来レースでやってしまえば詐欺を立件するのも難しいでしょう。
さて、それでもあなたはペニーオークションをやりますか?

ペニーオークションサイトが横行する理由

最近、ペニーオークションのサイトがどんどん増えていますよね。
しかも、ほとんど同じようなデザインのサイトばかりです。
色々と調べてみるとおもしろいことが分かりました。

ペニーオークションのシステムが100万円程度でで売りに出されているようなんです。
つまり、100万円払えば誰でもペニーオークション詐欺ができるということです。
俺々詐欺より簡単にはじめられますし、リスクも少ない。
今まで他の詐欺やってたヤツラもどんどん参入してきているのが現状です。

ペニーオークションは、会員がある程度集まるまでは運営者が損をするのが真の姿です。
こんなヤツラがサクラを使わずに真面目に運営するはずがありませんよね。
実際問題、新規のサイトは会員を集められずに必死なようです。